表示中のカテゴリー
商品ラインナップトップ
細胞・組織【代謝】
 ┗ 核酸の代謝
カテゴリー内の商品
このカテゴリのトップへ
 ヌクレオチドの生合成(1)〜de novo 合成
 ヌクレオチドの生合成(2)〜NTP、dNTP等の生成
 ヌクレオチドの分解
 プリンヌクレオチドの分解
 ピリミジンヌクレオチドの分解
プリンヌクレオチドの分解
様式 静止画
内容 プリンヌクレオチド(AMP、GMP)の分解により生じる塩基であるヒポキサンチン、グアニンは、多くはキサンチンオキシダーゼやグアニンデアミナーゼによってキサンチンを経て尿酸となり、排泄される。一部はHGPRT(ヒポキサンチン-グアニンホスホリボシルトランスフェラーゼ)によってPRPPと反応し、ヌクレオチドに再合成される(サルベージ経路)。
障害や過剰な摂取などで、サルベージ経路が正常に機能しなくなると、血中の尿酸濃度が増加し、これが痛風を起こす原因となる。
サンプル画像
製品番号:1-3-5-4A 製品番号:1-3-5-4B
製品番号:1-3-5-4C 製品番号:1-3-5-4D
製品番号:1-3-5-4E
料金 こちらを参照ください。