【廃版】命懸けのダイエット【全3巻】

本番組は2006年3月に廃版となりました。
命懸けのダイエットのジャケット画像

肥満の原因を個人の意志や自己管理能力のみに求める考えは既に過去のものになりつつある。このシリーズでは、大変な努力の末に減量に成功した事例、逆に数多くの減量法を試したが効果が得られないために、大変な危険を伴う治療法にあえて挑戦することを決意した人の事例などを紹介しながら、肥満の研究に革命を起こした数々の研究結果、最新の肥満治療の現状を探る。

  • 海外版シリーズ 日本語ナレーション版
    日本語版監修
    浅野 次義 (浅野生活習慣病研究所 所長)
    c1998 BBC Worldwide
    提供
    BBC World Wide Ltd.
    丸善株式会社
    企画・制作
    BBC(英国放送協会)

コンテンツ

廃版

WS-01 Vol.1 肥満は遺伝するか BORN TO BE FAT

各巻の番組イメージ

この番組は、大幅な減量に成功したグレンダの努力の軌跡を追う。近年、空腹感を制御するレプチン(Leptin)というホルモンが欠如しており、遺伝的に食欲を制御できないために太っている人がいるという見解が発表され、肥満の研究に革命を起こし、研究は、食欲を制御する可能性の研究へと発展している。

VHS 47分 / ©2002年
WS-01Vol.1 肥満は遺伝するか BORN TO BE FAT[VHS版]
定 価
廃版

WS-02 Vol.2 肥満の治療 FIXING FAT

各巻の番組イメージ

減量および肥満の治療法には、食事療法や運動などの一般的な方法から、食欲を抑制する薬品を使う方法、手術で胃を小さくする方法まで無数にあり、中には生命の危険を伴うものもある。このプログラムでは、それらの多様な方法の効果と副作用の危険性を検証することにより、肥満治療の現状を探る。

VHS 49分 / ©2002年
WS-02Vol.2 肥満の治療 FIXING FAT[VHS版]
定 価
廃版

WS-03 Vol.3 摂食障害との闘い LIVING ON AIR

各巻の番組イメージ

摂食障害の原因は、患者自身の心理的問題によるところが大きいとされていた。しかし最近の研究から、遺伝的要因が存在することも明らかとなり、摂食障害のおこるメカニズムについて科学的側面からの解明が進みつつある。このプログラムでは、摂食障害についての最新の研究調査を報告し、病態解明の現状および治療法の可能性を探る。

VHS 48分 / ©2002年
WS-03Vol.3 摂食障害との闘い LIVING ON AIR[VHS版]
定 価

閉じる

English

メニューを閉じる