標準徒手医学 I 入門編 運動器疾患の徒手的機能診断と治療

標準徒手医学 I 入門編 運動器疾患の徒手的機能診断と治療のジャケット画像

徒手医学の流派を超えて、真のスタンダードブックが刊行!

  • 総監修/執筆
    安藤 正志 (法政大学スポーツ健康科学部)
    執筆
    黒澤 和生 (国際医療福祉大学 小田原保健医療学部)
    大嶽 昇弘 (中部学院大学看護リハビリテーション学部)
    東 裕一 (高木病院リハビリテーション部)
    浅沼 孝利 (沖野内科病院リハビリテーション部)

コンテンツ

B719 標準徒手医学 I 入門編 運動器疾患の徒手的機能診断と治療

各巻の番組イメージ

◆「標準徒手医学会」「理学療法科学会」「日本スポーツリハビリテーション学会」の3つの学術団体が運営するセミナーでも使用する教科書です。
◆様々な流派(ドイツ・オーストラリア・アメリカ…etc)による考え方を国内でどうアレンジ して標準化したら良いのか…気鋭の研究者・臨床家が執筆しました。
◆写真100余点、メディカルCGを使い、初心者にもわかりやすく解説しました。

■B5判 ■176ページ ■4色刷

書籍 / ©2016年
ISBN978-4-86243-719-8
B719 標準徒手医学 I 入門編 運動器疾患の徒手的機能診断と治療[書籍版]
定 価

書籍版

Index
第I部 基礎
1章 徒手療法とは
2章 徒手療法で使用される用語と定義
第II部 診断
3章 徒手的機能診断の進め方
4章 問診
5章 視診
6章 自動運動検査と他動運動検査
7章 触診
8章 臨床推理
第III部 治療
9章 治療手技の注意点
10章 徒手的治療手技総論
11章 軟部組織治療手技
12章 関節治療手技
13章 神経筋手技
14章 疼痛緩和と可動域改善のメカニズム
15章 実際の治療手順
<付録>運動器疾患機能診断チャート・理学的検査(肩・肘・手)(腰部・骨盤)(股・膝・足)

世界の徒手療法に共通する哲学から、臨床で効果的かつ実用的な手技を厳選。

はれて、国家資格の理学療法士、柔道整復師、鍼灸あんま師、または民間資格であるトレーナーの資格を取得すると、自然に「徒手療法」に興味をもつことでしょう。

見渡してみると、世界にはオステオパシー、カイロプラクティック、整形徒手理学療法系ではParis、McKenzie、Thorsen、Kaltenborn、Maitland、Grieve、また日本には独自の各種整体法があり、それらで用いられる手技には筋膜リリース、高速スラスト、モビライゼーション、MET、PNF・・・ と様々な考え方、評価法があり、関連する手技も無数に存在することから、特に初学者はその世界の大きさに感嘆するとともに、さていざ自分で勉強を始めようとすると、どこから手を付けていいやら・・・、と迷ってしまうことでしょう。

標準徒手医学会(http://gsmmiw.kenkyuukai.jp)は、それらの療法とその手技を研究。その中から臨床で効果的、かつ実用的な手技を厳選、整理し、セミナーを通じて通年、全国各地で教えています。近年では海外でのセミナーも開催しています。

書籍「標準徒手医学」はそのセミナーの教科書として誕生しました。

各療法に共通した概念から構成されているので、初学者にはわかりやすく、他の徒手療法の経験者にも馴染みやすい内容です。

「標準徒手医学 I 入門編」第I部では基礎として、手技を行う際に重要となる概念と用語の定義が述べられています。
この「What」と「Why」が無いと、手技はただのテクニックの羅列に成り下がってしまうことから、これらの理解は大切です。

第II部では診断、そして第III部では治療の方法を説明します。

続刊予定
II 応用編 上肢障害の徒手的機能診断と治療
III 応用編 下肢障害の徒手的機能診断と治療
IV 応用編 頸胸部障害の徒手的機能診断と治療
V 応用編 腰部骨盤障害の徒手的機能診断と治療

閉じる

English

メニューを閉じる