臨床スポーツ医学

臨床スポーツ医学のジャケット画像

カタログ

世界のスポーツ医学界におけるゴールドスタンダード・ブックの日本語版が刊行されました。全ページフルカラーでエビデンスに基づいた実践方法を紹介しています。世界12カ国にわたる50名以上の国際的レベルの執筆者が、知識と経験を注ぎ込んだスポーツ医学の基本書。整形外科医だけでなく、理学療法士、鍼灸マッサージ師、アスレティックトレーナー、フィットネス・インストラクター、看護師なども利用できるように構成されています。

  • 著者
    Peter Brukner and Karim Khan with colleagues
    出版社名
    McGRAW-HILL AUSTRALIA PTY LIMITED
    日本語監訳
    丸山 仁司 (国際医療福祉大学 保健医療学部 理学療法学科)
    黒澤 和生 (国際医療福祉大学 小田原保健医療学部)
    籾山 日出樹 (秋田リハビリテーション学院)
    赤坂 清和 (埼玉医科大学大学院 理学療法学分野 教授)
    河西 理恵 (東京工科大学 医療保健学部 理学療法学科)

コンテンツ

B292 臨床スポーツ医学

各巻の番組イメージ

スポーツ医学界のゴールドスタンダード・ブック、初の日本語刊行!

本書は、オーストラリアの著名なスポーツドクターであるPeter Brukner とKarim Khanが中心になって作成した『Clinical Sports Medicine 3rded』の日本語版です。1993年の初版発行から第3版までで累計4万部を売り上げた、海外のスポーツ医学界では基本とまでいえる書籍であり、多言語への翻訳としては、ポルトガル語版に続く2冊目となります。世界各国のトップの研究者、臨床家たちが共著者として参加しており、最新のエビデンスに基づいた実践方法が多数掲載されています。トップアスリートはもちろん、子供からお年寄りといったスポーツ愛好家の人々までを対象に、診察室での対処法だけではなく、リハビリ室からグラウンドレベルでの指導まで、トータルで管理する方法が紹介されています。今までのスポーツ医学の書籍は、診断と治療法の紹介が主でしたが、本書では「競技復帰」を一番の目的として掲げており、治療だけではなく再発予防にも重点をおいています。非常に分かりやすいイラストがフルカラーで掲載されており、極めてユーザーフレンドリーな、運動・スポーツに携わる人々必携の書籍です。

オーストリア・ニュージーランド・アフリカ・アジア・イギリス・北アメリカにおいて、初版からの累計4万部達成!

■ B5判 ■ 663 頁 ■ 4 色刷

書籍 / ©2009年
ISBN978-4-86243-292-6
B292 臨床スポーツ医学[書籍版]
定 価

書籍版

Index
日本語版の総監修にあたって iii
原著の序文 iv
目次 v
はじめに vi
本書の使い方 vii
著者紹介 ix
共著者紹介 x
原著の謝辞 xiii
パートA 基本原則
1 スポーツ医学:チームでのアプローチ 3
2 スポーツ外傷 8
3 痛み:原因は? 26
4 注意:スポーツ外傷に見間違える症状 33
5 一般的なスポーツ外傷のバイオメカニクス 39
6 傷害予防の原則 76
7 回復 99
8 診断の原則:臨床的評価 105
9 診断の原則:画像検査 117
10 筋骨格系の症状に対する治療法:より多くの選択肢とエビデンス 124
11 コア・スタビリティー 152
12 リハビリテーションの原則 167
パートB 各身体部位における問題
13 スポーツにおける脳震盪 193
14 頭痛 199
15 顔面の外傷 208
16 頸部の痛み 221
17 肩の痛み 235
18 肘と腕の痛み 280
19 手関節、手、指の外傷 298
20 胸椎と胸部の痛み 329
21 腰痛 340
22 臀部の痛み 368
23 股関節と鼠径部の急性痛 381
24 鼠径部の慢性痛 392
25 大腿前面の痛み 414
26 大腿後面の痛み 426
27 膝の急性外傷 447
28 膝前面の痛み 492
29 膝の外側、内側、後面の痛み 523
30 脛部の痛み 539
31 下腿の痛み 561
32 アキレス腱周辺の痛み 573
33 足関節の急性外傷 594
34 足関節の痛み 613
35 足部の痛み 627
36 慢性症状を有する患者 653
Index 658

閉じる

English

メニューを閉じる