サイト内検索
 
  
表示中のカテゴリー
商品ラインナップトップ
細胞・組織【代謝】
 ┗ 脂質の代謝
カテゴリー内の商品
このカテゴリのトップへ
 脂肪酸β酸化の存在場所
 脂肪酸のβ酸化
 パルミチン酸代謝におけるATP生成量
 アラキドン酸の代謝
 アラキドン酸代謝と血管内反応
 リポタンパク質の代謝(1)〜キロミクロン→キロミクロンレムナント
 リポタンパク質の代謝(2)〜VLDL→LDL
 リポタンパク質の代謝(3)〜LDLとHDL
 コレステロールの代謝
アラキドン酸の代謝
様式 静止画
内容 アラキドン酸は、膜成分のリン脂質の一部を構成し、刺激によるPLA2(ホスホリパーゼA2)の活性化によって細胞内へ遊離する。
アラキドン酸からは、シクロオキシゲナーゼによる酸素添加反応によって、PGG2、PGH2を経てTXA2やPGI2が生成される。また、5-リポキシゲナーゼによる酸素添加反応では、5-HPETEを経てLTB4やLTC4などが生成する。
サンプル画像
製品番号:1-3-3-4A 製品番号:1-3-3-4B
製品番号:1-3-3-4C 製品番号:1-3-3-4D
製品番号:1-3-3-4E
料金 こちらを参照ください。