サイト内検索
 
  
表示中のカテゴリー
商品ラインナップトップ
細胞・組織【生体物質】
 ┗ 酵素
カテゴリー内の商品
このカテゴリのトップへ
 酵素の基質特異性〜キモトリプシンのペプチド切断
 酵素の温度依存性
 酵素のpH依存性
 化学反応と酵素
 酵素と反応速度
 アロステリック酵素と反応速度
酵素の基質特異性〜キモトリプシンのペプチド切断
様式 静止画
内容 キモトリプシンは、側鎖に芳香環をもつアミノ酸(フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン)のカルボキシル基側ペプチド結合を切断する酵素である。芳香環及び隣接するカルボニル基が酵素に固定され、活性中心で反応が起こって、ペプチドが加水分解される。
サンプル画像
製品番号:1-2-6-1A 製品番号:1-2-6-1B
製品番号:1-2-6-1C 製品番号:1-2-6-1D
製品番号:1-2-6-1E 製品番号:1-2-6-1F
製品番号:1-2-6-1G
料金 こちらを参照ください。