【廃版】遺伝カウンセリングの実際 ~Duchenne型筋ジストロフィーの保因者を例として~ 【全1巻】

本番組は2012年3月に廃版となりました。
遺伝カウンセリングの実際 ~Duchenne型筋ジストロフィーの保因者を例として~ のジャケット画像

遺伝に関する悩みや不安に対して、自律的な決定を支援するプロセスが「遺伝カウンセリング」です。このDVDでは、遺伝カウンセリングの基礎的知識、家系図や疾患の説明など実際の流れ、必要とされる態度などについて映像を通して解説しています。臨床遺伝専門医、遺伝カウンセラー、看護師、臨床心理士など遺伝カウンセリングに携わる方、またこれから遺伝カウンセリングを学んでみたいと思っている方は必見のDVDです。講義や研修用として是非ご活用ください。

  • 原案・監修
    會田 信子 (名古屋大学 医学部 保健学科 准教授)
    齋藤 加代子 (東京女子医科大学附属遺伝子医療センター所長/東京女子医科大学大学院 先端生命医科学専攻 遺伝子医学分野 教授)

コンテンツ

廃版

KSD-01 Vol.1 遺伝カウンセリングの実際 ~Duchenne型筋ジストロフィーの保因者を例として~

各巻の番組イメージ

Duchenne型筋ジストロフィーの保因者を例に、電話受付、事前準備から家系図の作成、疾患の説明、科学情報の理解を促す方法など遺伝カウンセリングの実際の流れを中心にご紹介します。事例を通して、「遺伝カウンセリング」に必要な態度なども説明します。また、研修用のロールプレイも収録しています。付属の小冊子では、遺伝カウンセリングの背景や保因者検査などについて説明しています。

DVD 48分 / ©2009年
KSD-01Vol.1 遺伝カウンセリングの実際 ~Duchenne型筋ジストロフィーの保因者を例として~[DVD版]
定 価

閉じる

English

メニューを閉じる